陰茎増大治療の基本的な流れとは?

陰茎増大治療の基本的な流れ|予約からカウンセリングまで

陰茎増大治療を希望する場合、まずは気になっているクリニックを探して、電話やインターネットなどを使って問い合わせや、カウンセリング日時の予約を行います。
近年では、WEB上に問い合わせやカウンセリング予約を行うための専用フォームが提供されているケースがほとんどなので、基本的にはそちらから問い合わせや予約を行うと良いでしょう。

カウンセリングの日時が決まったら、時間に遅れないようにクリニックへ向かい、受付を済ませます。
受付を済ませるとカウンセリングへと移りますが、ここでは医師による診察やヒアリングが行われるとともに、治療方法や料金になどに関する説明が行われます。

治療内容や料金に納得したら治療を受ける旨を伝えて、料金の支払いに関する手続きに移ります。
近年では、現金払いだけでなく、クレジットカード払いや銀行振込、分割払いなど様々な支払い方法に対応しているクリニックがほとんどなので、希望する方法で支払いを済ませましょう。

陰茎増大治療の基本的な流れ|治療開始から帰宅まで

カウンセリングと料金に関する手続きが完了したら、いよいよ治療開始です。
施術室へと移動した上で治療を受けることになりますが、陰茎増大治療では麻酔が使用されるので治療中に痛みを感じることはありません。
また、所要時間はクリニックによって若干異なりますが、長い場合でも40分程度で完了します。
治療後は、術後のケア方法や注意点に関する説明を受けて、痛み止めなどを受け取れば帰宅することが可能です。

以上が陰茎増大治療の基本的な流れとなりますが、近年は術後のアフターケアサービスが充実しているクリニックがほとんどで、無料の再診察サービスを実施しているクリニックも少なくありません。
加えて、24時間対応のサポート窓口が設置されているケースもあります。
陰茎増大治療は日帰り治療が基本で、通院の必要もありませんが、術後に気になることが出た場合は気兼ねなく再診察サービスやサポート窓口を利用するようにしましょう。

まとめ

陰茎増大治療の流れは、包茎治療などの流れと基本的には変わりません。
予約を行ってカウンセリングを受け、治療内容や料金について納得したら契約を行って支払いを済ませす。
そして、麻酔を受けた上で治療が行われますが、治療は長くても40分程度で完了します。
後は、術後のケア方法や注意点などについての説明を受けて、痛み止めなどを受け取ったら帰宅することが可能です。
また、近年ではアフターケアが充実しているクリニックが大半なので、術後に痛みなどが生じた場合は気兼ねなく再診察サービスやサポート窓口を利用しましょう。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。